株売買や与信管理、AI活躍も最終判断はヒト

2018/10/18 12:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

読み込んだ膨大なデータから解析モデルを導き出す人工知能(AI)。日々の取引で大量のデータが生じる金融業と親和性は高く、商用化に向けた動きが活発だ。「CEATEC(シーテック)ジャパン2018」ではAIを使った新しいサービスに注目が集まった。

「ユーロ円は2日連続の円安」「北朝鮮(への)警戒感強まる」――。画面に映った手がかり材料から売買を判断し、同じ情報を与えられたAIとの勝負でどちらがより多く…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]