/

この記事は会員限定です

70年万博に夢見た未来 日本館上映のアニメ発見

「平和な世願う」 11月に京都で上映

[有料会員限定]

1970年に大阪で開かれた国際博覧会(万博)の日本館で上映されたアニメーション作品を監督の遺族が発見、復元した。21世紀の暮らしが柔らかなタッチで描かれ、チューブ状の交通網やテレビ電話など、当時の人たちが夢見た未来が想像できる。大阪への誘致を目指す2025年万博の開催国決定が約1カ月後に迫る中、関係者は「約半世紀前の万博の魅力にも光が当たってくれれば」と願っている。(西原幹喜)

作品の長さは約1分...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り816文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン