/

この記事は会員限定です

トランプ氏、不動産ビジネスが影 サウジ政策めぐり

[有料会員限定]

【ワシントン=中村亮】サウジアラビア政府に批判的な著名記者が殺害された疑惑について、トランプ米大統領がサウジ政府への批判を抑えている。トランプ氏は強権的な指導者を好み人権問題に関心が薄いとされるが、批判を抑える背景には不動産ビジネスで長年にわたって築いたサウジとの緊密な関係もありそうだ。

「サウジと関係を断つことは望ましくない」。トランプ氏は17日、米メディアのインタビューで記者殺害疑惑が浮上する...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1564文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン