/

この記事は会員限定です

インドネシア、東南ア最大級の新空港 旅客収容1億人

[有料会員限定]

【ジャカルタ=鈴木淳】インドネシア政府が首都ジャカルタ郊外の海上に新空港を建設する計画をまとめたことがわかった。隣接する既存空港とあわせた旅客収容能力は年間1億人を超える見通しで、東南アジアで最大級となる。堅調な経済成長が続く東南アジアは世界の航空需要をリードしており、空港の新増設計画が相次ぐ。各国のハブ空港争いが過熱しそうだ。

関係者が日本経済新聞の取材に明らかにした。事業費は100億ドル(約1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り900文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン