2019年5月24日(金)

ビッグバードの役者引退 セサミストリートで50年

2018/10/18 9:35
保存
共有
印刷
その他

【ニューヨーク=共同】米国の幼児向け教育番組「セサミストリート」を制作する非営利団体「セサミ・ワークショップ」は17日、1969年の番組開始以来、人気キャラクターのビッグバードを着ぐるみの中に入って演じてきた役者キャロル・スピニーさん(84)が引退すると発表した。

米ニューヨークで「セサミストリート」収録中のビッグバード(左)(2008年4月)=AP

同番組の人気キャラクター、オスカーの人形師も務めていた。米紙ニューヨーク・タイムズ電子版によると、スピニーさんは年を重ねて体が思うように動かなくなり、2015年からは声のみの出演になっていた。

スピニーさんはエミー賞やグラミー賞を受賞し、自伝「ビッグバードが教えてくれた大切なこと」も出版している。ビッグバードの役者として訪日した経験もある。

同団体の共同創設者は「スピニーさんの才能によって、ビッグバードが地球で最も愛される黄色い羽の友達になった」と功績をたたえた。スピニーさんは「役は降りるけど、これからもビッグバードであり続けるような気がしている」と話しているという。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報