/

NY原油、一時1カ月ぶり安値 在庫増で

【ニューヨーク=宮本岳則】17日のニューヨーク・マーカンタイル取引所で原油先物相場が一時、9月半ば以来、約1カ月ぶりの安値をつけた。WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)で期近の11月物は4日ぶりに反落し、前日比2.17ドル安の1バレル69.75ドルで取引を終えた。米エネルギー情報局(EIA)が発表した週間の石油在庫統計で米原油在庫が4週連続で増加。需給の緩みが意識された。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン