/

この記事は会員限定です

ネット証券の4~9月、松井・マネックスが最終減益に

売買低迷で苦戦

[有料会員限定]

インターネット証券大手4社の2018年4~9月期の決算は、松井証券マネックスグループの2社が前年同期比で最終減益となったようだ。個人投資家の株式売買が低迷し、手数料収入が減少するネット証券が目立った。一方、信用取引を手掛ける個人投資家に資金を貸し出す際の金利からの収益は堅調だった。

松井の単独税引き益は5%減の50億円強だったとみられる。東京証券取引所によると、4~9月までの個人投資家の売買代金は前年から3%減った。

マネ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り232文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン