金沢商店街、インバウンドに課題 免税カウンターなど発信急務
金沢中心商店街武蔵活性化協議会の中島祥博会長(トップに聞く)

2018/10/17 19:46
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

北陸新幹線が開業してから観光客が急増している金沢市。兼六園などの観光地がインバウンド(訪日客)で盛り上がる一方、高齢化が進む商店街では外国人の取り込みに課題が残る。また、全国で深刻化する空き家問題にも直面。金沢市の5つの商店街などで構成する、金沢中心商店街武蔵活性化協議会の中島祥博会長に現状と課題を聞いた。

――新幹線が開業して3年半がたちました。

「新幹線の開業効果は想像していた以上に大きかっ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]