/

この記事は会員限定です

コーエーテクモ、最高益でも無視できぬ運用リスク

証券部 綱嶋亨

[有料会員限定]

コーエーテクモホールディングス(コーテクHD)といえば、三国志をテーマにしたゲーム「三国無双」を思い浮かべる人が多いだろう。ただ同社は他のゲーム会社にはない「投資家」としての一面も持ち合わせている。10月9日には株高などを理由に2018年4~9月期の業績予想を上方修正したものの、市場では資産運用リスクを無視できないとの見方も強まっている。

投資家といっても、ゲーム業界への投資ではない。世界の株式...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1535文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン