「辺野古反対の民意尊重を」沖縄県民、対立長期化にため息
沖縄の選択2018

2018/10/17 17:32
保存
共有
印刷
その他

米軍普天間基地(沖縄県宜野湾市)の名護市辺野古への移設を巡り、政府は17日、県の辺野古沖埋め立て承認撤回を不服として対抗措置をとった。今後、改めて法廷闘争に発展する見通し。国と県との出口の見えない対立に、県民からはため息ももれた。

名護市で飲食店を営む69歳女性は「日本政府に沖縄のことを本気で考えている人なんていないということ。県側の対決姿勢も、生産性があるのか疑問だ」と、対立長期化にやりきれな…

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]