/

この記事は会員限定です

業績不振のタイ航空 危うい「拡大」の誘惑

[有料会員限定]

業績不振が続くタイ国際航空による旅客機23機の調達計画が持ち上がっている。投資額は1千億バーツ(約3400億円)に達する。しがらみが多くリストラのハードルが高い国営企業にとって「拡大」は魅力的な選択肢かもしれないが、さらに深みにはまりかねない。

慎重に見ざるをえないのは過去の経営再建策の成果が乏しいからだ。2017年12月期までの5年間でタイ航空が最終黒字を計上したのは1期のみ。18年6月末時点で...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り924文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

業界:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン