/

この記事は会員限定です

日本の携帯どこまで「割高」? 海外と比較してみた

ケータイ料金見直しの視点(上)

[有料会員限定]

携帯電話の料金引き下げが政策課題に急浮上している。今や生活に欠かせない通信インフラに消費者の関心は高い。そもそも市場の実態はどうなっているのか。規制や競争の経緯をたどりながら、見直しの視点を探る。

10日、総務省が開いた「モバイル市場の競争環境に関する研究会」の初会合。石田真敏総務相は携帯電話市場について「競争が十分に働いていないのではないかという指摘もある」と言及した。

値下げ論議に着火したのは...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1050文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン