/

この記事は会員限定です

量産にも3Dプリンター、GEが世界最大機を受注

[有料会員限定]

ものづくり現場に3Dプリンターが急速に普及してきた。米ゼネラル・エレクトリック(GE)は今月、日本国内の自動車部品メーカーから世界最大級の金属プリンターを初受注。国内電機大手も相次いで品ぞろえの拡充を急ぐ。製品の試作だけでなく、造形スピードの向上や加工材料の多様化で自動車や航空宇宙分野の量産用途への広がりが加速している。

「まさに箱に入った鋳造工場。欧米の主要な製造業企業はほとんどが3Dプリンテ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1645文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン