引退間近、2機の政府専用機(写真でみる永田町)

2018/10/18 6:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

胴体の赤いラインに盛り上がった機首が特徴の政府専用機、ボーイング747-400。1993年、宮沢喜一内閣の渡辺美智雄副総理・外相の訪米時に初めて使われてから25年がたち、2018年度末の引退まで残り少ない現役飛行を続けています。

運航するのは航空自衛隊です。客室乗務員も空自の制服を着た自衛官が担います。希望者から選抜試験を経て採用されるそうです。女性乗務員…

電子版の記事が今なら2カ月無料

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]