/

この記事は会員限定です

引退間近、2機の政府専用機(写真でみる永田町)

[有料会員限定]

胴体の赤いラインに盛り上がった機首が特徴の政府専用機、ボーイング747-400。1993年、宮沢喜一内閣の渡辺美智雄副総理・外相の訪米時に初めて使われてから25年がたち、2018年度末の引退まで残り少ない現役飛行を続けています。

運航するのは航空自衛隊です。客室乗務員も空自の制服を着た自衛官が担います。希望者から選抜試験を経て採用されるそうです。女性乗務員の一人...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り181文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン