脱・石炭、次は鉄鋼 高炉依存の日本勢に逆風も

2018/10/17 12:38
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

「脱・石炭」の動きが鉄鋼産業にも広がってきた。鉄鋼は世界の産業界で最も多い約3割の二酸化炭素(CO2)を排出する。最大生産国の中国が石炭を使う高炉の淘汰を進め、新興国や欧州でも環境規制が強化される方向にある。高炉の比率が高い新日鉄住金など日本勢は技術革新を急ぐが、競争軸の変化についていけなければ海外戦略にも影を落としかねない。

■年次総会で主要テーマに

15日から東京で開かれている世界鉄鋼協会の年…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]