日本サッカー世界への挑戦

フォローする

ウルグアイも圧倒 日本代表、早くも「森保色」に
サッカージャーナリスト 大住良之

(2/2ページ)
2018/10/18 6:30
保存
共有
印刷
その他

そして大迫と南野以外の9人を入れ替えて臨んだウルグアイ戦は、タフな守備力では世界でもトップクラスのウルグアイをきりきり舞いさせる攻撃を見せた。その中心となったのは、20歳の堂安律、23歳の南野、そして24歳の中島翔哉が組んだ「ポスト・ロシア」世代の2列目トリオだった。

ウルグアイ戦で、自身2点目のゴールを決め、中島(右)に祝福される南野。輝いたのは「ポスト・ロシア」世代だった=共同

ウルグアイ戦で、自身2点目のゴールを決め、中島(右)に祝福される南野。輝いたのは「ポスト・ロシア」世代だった=共同

試合は10分に南野のゴールで日本が先制。4日前に韓国に1-2で敗戦を喫しているウルグアイは、「連敗するわけにはいかない」とばかりに、激しい当たりで日本の攻撃を止めようとした。しかしこの3人は見事な個人技でその当たりに耐え、その個人技に酔うことなく次の瞬間には見事なコンビネーションプレーで相手の守備をいなしたのだ。「チームコンセプトと個の力のバランス」をこの上なく体現したのは、まさにこの3人だった。

だが、彼ら以上に「森保イズム」がチームに浸透していると感じたのは、交代で出場した原口元気のプレーだった。

原口が示した「森保ジャパン」の完成度

原口がピッチに立ったのは87分。疲労の色が濃くなった中島との交代だった。9月のコスタリカ戦に続き、日本の攻撃をリードする大活躍を見せた中島。同じポジションの原口の心中は穏やかではなかったはずだ。

しかし原口は実質7分あまりのプレー時間のなかで攻守両面で非常に質の高いプレーを見せた。「自分もアピール」とばかりにはやったプレーに走ってもおかしくない状況のなかで、チームが勝ちきるために、ときに味方を使い、ときに自ら無理をし、ウルグアイの反撃の勢いを削いだ。「チームコンセプトと個の力のバランス」という「森保ジャパン」の姿勢が、原口のプレーに非常によく表れていたように感じた。

「賢く両方を合わせてできるのが、日本選手の良さ」と、森保監督は選手たちをほめた。しかし短い活動期間のなかでこれだけ選手たちの能力を引き出し、それを強豪チームに対する勝利だけでなく、チームとしてのある程度の「完成度」にまで高めた(ウルグアイのタバレス監督は両チームの違いを「完成度の差」と表現した)森保監督の手腕は、ひょっとしたら期待しすぎかもしれないという懸念を払いのけるどころか、私の期待をはるかに上回るものだった。

若い選手の活躍、つかんだ自信とともに、日本代表は大きな成長期に入った。「森保ジャパン」の成長を追いかけるのが、ますます楽しみになった。

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

日本サッカー世界への挑戦をMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

電子版トップスポーツトップ

日本サッカー世界への挑戦 一覧

フォローする
タジキスタン戦の後半、ヘディングで先制ゴールを決める南野=共同共同

 ワールドカップ「カタール2022」を目指す日本代表が順調に勝利を重ね、アジア第2次予選勝ち抜きに大きく前進した。

 ホームの埼玉スタジアムでモンゴルを6―0で下した5日後の10月15日、日本代表はアウ …続き (10/17)

終盤戦にさしかかってきたJ1では、優勝を争う鹿島―FC東京戦など熱い戦いが続く=共同共同

 スポーツ界の話題は、日本代表が快進撃を見せるラグビーのワールドカップと、カタールのドーハで開催されている陸上競技の世界選手権に奪われた感じだが、いよいよ最後の2カ月、終盤戦にさしかかってきたJリーグ …続き (10/3)

日本はタジキスタン戦、キルギス戦の「アウェー連戦」が今後のヤマになる=共同共同

 日本のほか、キルギス、タジキスタン、ミャンマー、モンゴルの計5カ国で争われている2022年ワールドカップのアジア2次予選F組。全10節のうち9月5日と10日に2節を終了し、2連勝で勝ち点6のタジキス …続き (9/19)

ハイライト・スポーツ

[PR]