/

イチョウ枯れ、サクラ開花 大型台風の塩害じわり

日本列島を何度も襲った大型台風の影響で、暴風や塩害を受けたイチョウの木が枯れる被害が全国で確認されている。街路樹としてのイチョウはギンナンのにおいなどが敬遠され生産が減っていることもあり、新しい木への植え替えには時間が必要だ。秋の紅葉シーズンを前に、観光関係者らは頭を抱える。

10月中旬の神奈川県鎌倉市。由比ケ浜から鶴岡八幡宮まで一直線に延びる「若宮大路」は、黄変したイチョウの木が観光客の目を楽しませる門前通りだ。しかし、今年は多くの葉が枯れ落ち、枝ばかりの木が目立つ。

鎌倉市観光課の担当者は「(9月末に関東地方に接近した)台風24号による塩害だろう」と困り顔。「全般的に枯れているが(台風で巻き上げられた)海水が当たらなかった内陸では、きれいに色づくイチョウもあるので見に来てほしい」と呼びかける。

イチョウの並木道で知られる横浜市の山下公園通りや日本大通りでも、茶色く枯れて葉が落ちていた。市の担当者は「酷暑に台風、日照不足などが重なった。手の施しようがない」。日本大通り活性化委員会の小嶋寛事務局長(58)は「毎年11月にきれいに色づくイチョウを楽しみにしている人が大勢いる。今年はどうなるか心配」と漏らした。

民間気象会社「ウェザーニューズ」(千葉市)によると、台風24号の通過以降、「木の葉が急に枯れた」といった塩害被害が北海道から沖縄まで全国各地で確認された。イチョウのほかモミジ、ハナミズキ、桜など秋に紅葉する木々でみられた。千葉市美浜区の幕張海浜公園内にある日本庭園「見浜園」では24号の通過後、モミジが枯れて葉が落ちるなどした。

樹木医の石黒秀明さんによると、塩害は葉の薄い落葉樹に起こり、葉の表面に付着した塩水との浸透圧で葉が脱水症状を起こして枯れてしまう。暴風の衝撃で葉の表面が傷むことも一因という。「今年の紅葉は期待できないが、樹木に力が残っていれば、通常は翌年には芽吹くので待つしかない」と話す。

暴風で倒木も相次いだ。大阪市の目抜き通り、御堂筋の4.2キロにわたるイチョウ並木は台風21号で枝が折れたり、なぎ倒されたりした。市建設局によると、972本中81本で被害を確認。1カ月以上たった今も一部は木が折れたままだ。

吉村洋文市長は「大阪の顔である御堂筋は最優先で復旧させる」として2019年6月に大阪市で開催される20カ国・地域(G20)首脳会議までの植え替えをめざす。

御堂筋のイチョウは見栄えをよくするため、基本的に幹回り約30センチ、高さ約5メートルの木を植えている。市によると同サイズの木の入手は簡単ではなく、復旧に時間がかかる可能性もある。

日本植木協会(東京)によると、近年イチョウの人気は低迷し、生産量も減少傾向。高さ数十メートルまで成長して太い幹が舗道からはみ出し、手入れが大変な上、落ち葉が路面に積もると滑りやすくなる。ギンナンがにおうこともあり、他の樹木の採用が目立つという。

同会の担当者は「育てやすく戦後の街づくりで重宝されたが、イチョウ並木はさらに姿を消すかもしれない」と話す。

落葉で勘違い? 桜開花

列島各地では季節外れの桜の早咲きも起きている。ウェザーニューズの調査では、少なくとも全国350カ所でソメイヨシノの開花の報告があった。同社によると、この現象も台風24号などによる塩害や強風の影響とみられるという。

調査は同社の天気予報アプリの利用者を対象に10月12~14日に実施。1万490件の回答のうち354件で「ソメイヨシノが咲いている」との報告があった。北海道から鹿児島までの広い地域でみられ、関東南部や東海、近畿地方で特に多かった。内陸部でも咲いているところがあった。

通常、桜は紅葉して葉が落ちると花をつける準備が始まり、その後に暖かい日が続くと開花する。同社によると、今年は台風21号や24号による塩害で紅葉前に葉が枯れたり、強風で落葉したりした木が多かった。さらに台風通過後に気温の高い日が続き、開花が早まったと考えられるという。

同社の担当者は「早咲きのソメイヨシノは比較的少なく、来春のお花見に大きな問題はない」とみる。一方で「折れた枝も多く、木の寿命や花の付き具合に長期的な影響が出る可能性はある」と指摘する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン