2019年4月21日(日)
時価総額(普通株式ベース)
  • 東証1部 6,165,696億円
  • 東証2部 74,793億円
  • ジャスダック 91,194億円
東証1部全銘柄の指標
連結前期基準予想
純資産倍率 1.22倍 --
株価収益率13.56倍14.20倍
株式益回り7.37%7.03%
配当利回り1.86% 1.93%
株式市場データ

最新の市場情報

「※」は20分以上遅延
日経平均株価(円) 22,200.56 +110.44
日経平均先物(円)
大取,19/06月 ※
22,200 +90

日経チャンネルマーケッツでは、マーケット・経済専門チャンネル日経CNBCの番組をライブ配信。配信中の番組から注目のトピックスをお届けします。

「鈴木亮の視界亮行」[映像あり]

4月19日(金)14:20

任天堂 「スイッチ」を中国で発売へ テンセントと協業[映像あり]

パイオニアが希望退職者を募集 リストラに着手

4月19日(金)13:00

[PR]

マーケット反射鏡

フォローする

世界同時株安の余震続く 消費増税で株価は上がるか
編集委員 前田昌孝

2018/10/17 5:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

不安定な株式相場が続いている。日経平均株価は16日、277円高と急反発したが、中国・上海総合指数は21ポイント安と続落し、2014年11月以来3年11カ月ぶりの安値を付けた。国際通貨基金(IMF)によると、中国経済は19年には6.2%成長に減速する見通し。これとは別に米国の金利上昇懸念から、世界のハイテク株が調整色を強めている。世界同時株安の余震はまだ収まりそうにない。

秋の相場には「魔物がすむ…

電子版トップマーケットトップ

マーケット反射鏡 一覧

フォローする

読まれたコラム