/

セレンディップ、車内装部品の三井屋工業を買収

企業の事業承継支援を手掛けるセレンディップ・コンサルティング(名古屋市)は16日、車の内装部品メーカーの三井屋工業(愛知県豊田市)を買収したと発表した。買収額は非公表。経営を担う人材の派遣、IT(情報技術)化の推進で三井屋の成長を目指す。

三井屋は1948年設立で、車のトランクルームの部品などを手掛ける。トヨタ自動車の主要な部品サプライヤーで構成する団体「協豊会」の会員企業。経営陣の高齢化や後継者の不在など、事業承継に課題があった。

セレンディップはこうした課題を抱える中小企業を買収し、経営人材の派遣などを通じて再成長につなげる事業を手掛ける。車部品メーカーでは佐藤工業(愛知県あま市)を買収している。

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン

権限不足のため、フォローできません