/

羽生田鉄工所、無人機素材でJAXA事業に採択

ボイラー・圧力容器製造の羽生田鉄工所(長野市)は、航空輸送などの技術革新につながる研究を募集する宇宙航空研究開発機構(JAXA)の「航空技術イノベーションチャレンジ」事業に採択された。同社の複合材技術を生かした無人飛行機などの製造手法確立に向けて、JAXAや日本政策投資銀行などの支援を受ける。

同社は県工業技術総合センターやドローン製造のクエストコーポレーション(長野県小布施町)と共同で、複数のプロペラで飛ぶ「マルチコプター」向けに複合材料の研究をしていた。共同研究で培った技術を固定翼無人機向けに応用する。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン