/

この記事は会員限定です

遠藤製作所、航空機部品や医療用品を次代の柱に

(信越ビジネス最前線)

[有料会員限定]

自動車部品などが主力の遠藤製作所が事業の多角化を急いでいる。2019年から航空機部品の量産を開始するほか、人工骨などの医療用品の販売にも力を入れている。主力の自動車部品や農機など向けの鍛造事業とゴルフ事業、OA機器に加え、成長性の高い2つの事業を収益の新たな柱へと成長させる。

現在、同社が柱とする3つの事業では鍛造が比較的好調だ。タイでの自動車生産や販売台数の回復を追い風にして生産増が続く。ゴルフ事業でも1...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り909文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン