遠藤製作所、航空機部品や医療用品を次代の柱に
(信越ビジネス最前線)

2018/10/16 23:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

自動車部品などが主力の遠藤製作所が事業の多角化を急いでいる。2019年から航空機部品の量産を開始するほか、人工骨などの医療用品の販売にも力を入れている。主力の自動車部品や農機など向けの鍛造事業とゴルフ事業、OA機器に加え、成長性の高い2つの事業を収益の新たな柱へと成長させる。

現在、同社が柱とする3つの事業では鍛造が比較的好調だ。タイでの自動車生産や販売台数の回復を追い風にして生産増が続く。ゴル…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]