/

仙台で新聞大会

(更新)

日本新聞協会の第71回新聞大会が16日午後、新聞、通信、放送各社の代表者らが参加して仙台市で開かれた。同協会会長の白石興二郎読売新聞グループ本社会長のあいさつの後、消費税率引き上げ時には新聞に軽減税率を確実に適用することを求める決議を採択した。

新聞協会賞の授賞式では、朝日新聞社の「財務省による公文書の改ざんをめぐる一連のスクープ」など6件を表彰した。その後、国立情報学研究所の新井紀子教授が「AI時代に求められる読解力」と題して、記念講演をする。研究座談会では「新聞界の直面する諸課題―新聞力を磨く経営戦略」をテーマに、加盟社社長が議論する。

大会に先立ち、白石会長や岡田直敏副会長(日本経済新聞社社長)ら同協会の正副会長は同日午前、仙台市若林区荒浜にある東日本大震災の犠牲者の慰霊塔に献花した。津波被害を受けた荒浜小学校の校舎も視察した。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン