反動減、心配は無用? 消費増税後の需要喚起に先手
(拡大1年 点検・中部景気)

2018/10/17 12:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

好調な中部の個人消費は持続するのか。政府が2019年10月の消費増税実施を明言したことで、百貨店やスーパーなど企業が先手の対応を打ち始めた。キーワードは「平準化」。増税前の駆け込み需要や、その後の反動減の波を最小化するには、富裕層や訪日外国人(インバウンド)の取り込みがカギになる。

「自分たちでヤマ場をつくり、反動減を抑える」。松坂屋名古屋店の小山真人店長は早くも、来年10月以降の需要喚起策を考…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]