/

文科事務次官に藤原氏

政府は16日の閣議で、文部科学省幹部が絡む汚職事件を受け9月に辞任した同省の戸谷一夫前事務次官(61)の後任に、藤原誠官房長を昇格させる人事を決めた。文部科学審議官には芦立訓内閣審議官(58)、官房長には生川浩史総括審議官(57)を起用。不適切な接待を受けたとして辞任した高橋道和前初等中等教育局長(57)の後任には永山賀久放送大学学園理事(57)が就く。発令は16日。

藤原 誠氏(ふじわら・まこと=事務次官)82年(昭57年)東大法卒、旧文部省へ。17年7月から官房長。東京都出身、61歳。

すべての記事が読み放題
まずは無料体験(初回1カ月)

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン