/

資生堂の舞台用化粧品、生産再開へ 歌舞伎界が要望

資生堂の舞台用化粧品「紅」=共同、市川笑野さん提供

資生堂は15日、9月に取りやめた歌舞伎などの舞台用化粧品の生産を再開すると明らかにした。愛用する歌舞伎俳優らから、再開を求める声が相次いでおり、関係者は胸をなで下ろしている。

資生堂の舞台用化粧品「粉白粉」=共同、市川笑野さん提供

生産再開するのは、歌舞伎や日本舞踊の化粧に使われる「粉白粉」や「紅」など5品で、価格は540~864円。1973年から取り扱っていたが、売り上げが限られていたため、9月に生産を終了した。

だが、歌舞伎俳優の市川海老蔵さんは「みんな困ってます。なんとかならないものですかね」とブログで窮状を訴え、市川笑野さんも「伝統芸能を支える品物です!」とツイッターに投稿するなど、歌舞伎界から生産再開を求める声が高まっていた。

市川笑野さんによると、歌舞伎座などを運営する松竹に資生堂から「日本の大事な伝統文化をしっかり支援させていただきたい」と生産再開の連絡があったという。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン