宮城第一信金、仙台の本店ビル売却 賃貸で入居

2018/10/15 22:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

宮城第一信用金庫は仙台市内の本店ビルと土地を東京の不動産会社に売却した。譲渡額は数十億円とみられ、2019年3月期に特別利益として計上する。築57年の本店ビルは老朽化が進んでいた。オフィスビルへの建て替えを検討したが、テナント募集や管理など不動産事業のリスク懸念から売却に切り替えた。本店営業部は本店ビル解体後に新しくできるビルに賃貸で入居する。

本店ビルはJR仙台駅から徒歩5分の場所にある。土地…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]