ドリームリンク、創業200年の老舗そば店を譲り受け

2018/10/15 22:00
保存
共有
印刷
その他

外食チェーンのドリームリンク(秋田市)は15日、創業200年の老舗そば店「弥助そばや」(秋田県羽後町)の事業を譲り受けると発表した。「西馬音内(にしもない)そば」発祥の店として知られるが、後継者難からのれんが消える危機にひんしていたという。

会見後に握手するドリームリンクの村上雅彦社長(左)と、弥助そばやの金昇一郎店主(15日、秋田県庁)

ドリームリンクは弥助そばやの商標、製造ノウハウ、乾麺事業を11月上旬に譲り受ける。買収額は非公表。2019年夏前に秋田駅前で弥助そばやを新規出店するほか、乾麺を県内外の土産物店に卸す。別のブランドで立ち食いそば店をフランチャイズチェーン(FC)展開する予定だ。

弥助そばやは1818年(文政元年)創業。冷たい汁をかける「冷やがけそば」で知られる。国産そば粉のつなぎに煮詰めた海藻のフノリを使う独自製法を用いている。

6代目店主の金(こん)昇一郎さん(75)は「製法を後世に残すのが私の希望だ。若手そば職人の指導に喜びを感じている」と話した。ドリームリンクの村上雅彦社長は「弥助そばやは秋田県の、日本の大切な宝だ。(譲り受けは)200年続いた歴史を絶やさないでいく決意表明だ」と述べた。

日経電子版が最長2月末まで無料!
初割は1/24締切!無料期間中の解約OK!

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]