沖縄・下地島空港にLCC成田便 ターミナル来年3月開業

2018/10/15 18:31
保存
共有
印刷
その他

三菱地所は15日、沖縄県宮古島市の下地島空港に建設中の旅客ターミナルを2019年3月30日に開業すると発表した。開業にあわせ、格安航空会社(LCC)のジェットスター・ジャパン(千葉県成田市)の成田路線の就航が決まったとも明らかにした。1日1便で、機材はエアバスA320(180人乗り)を使う。

19年3月に下地島空港の旅客ターミナルが開業する(イメージ図、三菱地所提供)

三菱地所は沖縄県などと連携し下地島空港の路線誘致を進めている。今後、国内では九州や関西方面、国際線では台湾・香港などへの路線開設を目指す。19年度は11万人、25年度は57万人の空港利用者数を目指す。

下地島空港はパイロット訓練で使っていた大手航空会社が撤退し、県は空港の利活用に向けて17年に三菱地所らと協定を結んでいた。

三菱地所は面積1万3840平方メートルの1階建ての施設を整備する計画だ。下地島は宮古島に隣接し、リゾート地への新たな空路の玄関口として需要があると見込んでいる。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]