2019年4月18日(木)

日本郵便、物流業務でスタートアップ2社と提携

2018/10/15 15:44
保存
共有
印刷
その他

日本郵便は15日、スタートアップ企業と協力して郵便・物流の革新を目指す「ポスト・ロジテック・イノベーション・プログラム」の対象となる2社を選んだと発表した。ロボットや量子コンピューターといった先進技術を活用し、集荷から配達まで幅広く業務の効率化を目指す。

2社の選定理由を説明する地引功・日本郵便事業開発推進室担当部長(左)ら

選定したのはロボット開発のラピュタロボティクス(東京・中央)と、ソフト開発のエー・スター・クォンタム(同)。ラピュタはロボットを活用し、自動化が難しかったゆうパックなど不定形の荷物の仕分け作業を省人化する取り組みを進める。

エー・スターはドライバーの負荷が大きい長距離区間の輸送ダイヤなどを最適化する仕組みを、量子コンピューターを活用して構築する。ともに2019年2月から実証実験を始める。

プログラムは起業支援を手がけるサムライインキュベート(東京・品川)と共催し、昨年に続いて2回目となる。物流拠点の自動化など5テーマで募集し、70社から応募があった。

(宮嶋梓帆)

春割実施中!無料期間中の解約OK!
日経電子版が5月末まで無料!

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報