ビッグデータの理想と現実(7) プロファイリングに問題
佐藤一郎 国立情報学研究所副所長

2018/10/16 2:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

ビッグデータの活用において、パーソナルデータは最も重要な対象であると同時に、ビッグデータが新たなパーソナルデータを作り出してもいます。従来はパーソナルデータといえば、氏名や住所などが中心でしたが、あらゆるモノがネットにつながるIoTが広がり、センサーやカメラなどが集めるパーソナルデータが増えています。そしてビッグデータにおいて重要となるのは、個人に関するプロファイリングで得られたパーソナルデータ…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]