/

この記事は会員限定です

ペットの輸血足りない 治療できず命落とす例も

[有料会員限定]

ペットの輸血用血液の不足が深刻だ。医療技術の進歩に伴い、手術で治療できる動物の病気も増えているが、輸血用血液が足りず、ペットが命を落とすこともある。海外には「血液バンク」ネットワークが機能している国もあり、医療現場からは血液を安定供給できる仕組み作りを求める声が上がっている。

8月下旬、日本動物高度医療センター(川崎市)の診察室で、ドナー登録しているラブラドールレトリバーの採血が行われていた。ドナ...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1044文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン