/

輪島さんに最後の別れ 告別式に八角理事長ら

大相撲の第54代横綱輪島で、8日に下咽頭がんと肺がんの影響による衰弱のため70歳で死去した輪島大士(本名=博)さんの告別式が15日、東京都港区の青山葬儀所で営まれ、日本相撲協会の八角理事長(元横綱北勝海)らが参列した。「黄金の左」と呼ばれた左差しの攻めを武器に史上7位の14度の幕内優勝を果たした名横綱との最後の別れを惜しんだ。

輪島大士さんの告別式に向かう参列者(15日午前、東京・青山葬儀所)=共同

輪島さんは石川・金沢高から日本大に進学し、学生横綱に2度輝いた。1970年初場所に幕下付け出しで初土俵を踏み、73年夏場所後に学生相撲出身で史上初めて横綱に昇進。第55代横綱北の湖(故人)と「輪湖時代」を築き、大相撲人気を支えた。〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

新着

注目

ビジネス

暮らし

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン