イチロー フィールド

フォローする

来季は競争の場へ? イチローとマ軍の着地点
スポーツライター 丹羽政善

(2/2ページ)
2018/10/15 6:30
保存
共有
印刷
その他

5月終わりのこと。イチローが選手登録を外れた経緯を知る人に事情を聞き、来季に話が及んだとき、マイナー契約、キャンプ招待という流れかと聞くと、即座に否定した。

「契約するということ自体、決まっているわけではない。しかし、契約するのであれば、それはメジャー契約だ。でなければ、イチローに対して敬意を欠くことになる」

海外で行われる開幕戦ではケガなどをした場合、すぐに補充ができないことから、選手の登録枠が「28」に増える。だからこそイチローにもチャンスがあり、通常の「25」に戻る米国での開幕戦では居場所がない――と指摘する地元記者が大半であり、敬意というなら、東京での開幕戦を花道とすることで十分ではないのか? と反論されそうだが、マリナーズの外野手の陣容は、そう言い切れるほど安定しているわけではない。

伸び悩む若手、イチローにチャンス

むしろ、イチローには追い風が吹いている。というのも今年は、期待していたベン・ギャメル、ギレルモ・ヘレディアといった若手が伸び悩み、主力のロビンソン・カノの出場停止に伴って中堅手のディー・ゴードンが二塁にコンバートされると外野手が足りなくなり、トレードで補強しなければならないという誤算が生じた。

来季は今のところ、右翼ミッチ・ハニガーと中堅ゴードンが固定だが、現時点で左翼は全くの白紙。ネルソン・クルーズが移籍して指名打者が空けば、カノがそこに入り、ゴードンが二塁に回る可能性もある。そうなれば、外野のポジションが2つ空くことになる。

9月、エンゼルス戦で勝利を挙げ、へレディア(左)とタッチを交わすイチロー=共同

9月、エンゼルス戦で勝利を挙げ、へレディア(左)とタッチを交わすイチロー=共同

補強の優先順位としては、先発投手とクルーズが抜けた場合の穴埋めだろう。様々なシナリオが想定できるものの、フェリックス・ヘルナンデス、カノらの長期高額契約に縛られて動きが取りにくいことを考えれば、左翼手と控え外野手という2つの枠をイチロー、ギャメル、へレディアの3人で争うという構図は、来年も変わらないのではないか。今年はそこでイチローがはじき出されたが、ギャメル、ヘレディアへの期待が低いことは、9月の消化試合で出たり出なかったりが続いたことでも透けて見えてくる。2人の力を見極めたいという思惑が働いた今季前半の状況とは異なる。

よってやはり、勝負が決まっているというわけではなさそうだ。もちろん、仮に同じような成績なら、若い選手に分がある。イチローはオープン戦から結果を残す必要がある。

しかし、そんな競争こそ、イチローが求めてきたものではないか。マーリンズ時代は、契約したときから第4の外野手として固定された。レギュラーが故障している間に結果を残しても、彼らが復帰すればまた、スタメンを外れた。今年も故障していたギャメルが戻ってくるまで、という期限付きだった。

あとは、イチロー次第だ。その争いが、公平なものであるのなら。

「スポーツ」のツイッターアカウントを開設しました。

イチロー フィールドをMyニュースでまとめ読み
フォローする

  • 前へ
  • 1
  • 2
保存
共有
印刷
その他

大リーグコラム

電子版トップスポーツトップ

イチロー フィールド 一覧

フォローする
イチローウイークエンドで配られたイチロー人形

 9月14日午後5時49分、ホームの白いユニホームをまとったイチローが一塁側のダグアウトから姿を見せると、球場全体が大きな歓声に包まれた。
 2分後、ダグアウトに控えていたチームメイトらが全員出てきて、 …続き (9/16)

試合に備えた全体練習が始まる前、バットを手にゴードンと話すイチロー(右)

 ユニホームのパンツ、紺のアンダーシャツ姿のイチロー(マリナーズ会長付特別補佐)が、グローブを持ってフィールドに出てくるのは通常、午後1時半すぎ。客席には人ひとりおらず、売店の店員らがぽつりぽつりと姿 …続き (8/5)

1日の試合途中、ファンの声援にベンチから手を上げて応えるマリナーズのイチローさん=共同共同

 5月3日、ワシントン州タコマ。途中、事故渋滞にはまって、自宅から3Aのタコマ・レーニアズが本拠地とするチェイニー・スタジアムまで2時間近くかかった。午後3時過ぎ、ようやく球場に到着してざっとあたりを …続き (5/13)

ハイライト・スポーツ

[PR]