/

この記事は会員限定です

スズキ、ディーゼル欧州撤退 三菱自も大幅縮小

[有料会員限定]

欧州の環境規制強化を受け、日本メーカーがディーゼル車撤退の動きを加速している。スズキは年内をメドに欧州販売から撤退する。三菱自動車は英国やドイツなど主要国でディーゼル乗用車の販売を順次終える。トヨタ自動車日産自動車に続く動きで、日本車7社のうちマツダだけが欧州でディーゼル車に注力することになる。

欧州ではガソリンエンジンに比べて二酸化炭素(CO2)排出量が少ないディーゼル車が主流だったが、独フォルクスワーゲン(VW)の燃費不正を発端...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り625文字

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン