/

20代女性がはしか発症 妹から感染か、名古屋

名古屋市は12日、同市中川区の20代の女性会社員がはしかを発症したと発表した。9月にタイを旅行し感染が判明した20代の妹から感染した可能性が高い。女性はその後、フランスを旅行。市は発症前日の帰国便の同乗者に感染が広がる恐れがあるとして、市のホームページなどで便名を公表し注意喚起している。

市によると、女性は10日に発疹が出て市内の医療機関を受診、11日に遺伝子検査で感染が判明した。タイ旅行から帰国後、9月23日にはしかを発症した妹と同居していたため、感染の恐れがあるとして検温など経過観察していた。

女性は今月5~9日にフランスを旅行。パリから韓国の仁川国際空港経由で中部空港に帰国した。はしかの潜伏期間は10~12日ほどという。

〔共同〕

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連キーワード

セレクション

トレンドウオッチ

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン