2018年10月22日(月)

サッカー

ミス取り返し泥臭く 森保ジャパン、パナマに快勝

2018/10/12 23:53
保存
共有
印刷
その他

3ゴールという成果から目を離せば、可もなく不可もなくといった内容ではあった。

フィジカルが強く、突進力もあるパナマが相手。「立ち上がり少しバタバタした」という南野の言葉は、奪いたいところでボールが奪えず、ゲームが落ち着かなかったことを示している。

前半、先制ゴールを決める南野=共同

前半、先制ゴールを決める南野=共同

W杯ロシア組と新世代の「融合」は、そううまくは運ばない。トップの大迫の絡みは散発、原口は気合に足がついてこない場面もあった。ピンボールのようにボールが軽快に前線を駆け巡る、というところまではいっていない。

ただ、攻撃のスイッチは入れようとし続けた。トライ・アンド・エラーをとがめない森保監督に促されるように、突撃開始を告げる強いパスが走っていたし、受け手の動き出しにも悪くない感触が残っている。

美しくはなくても、得点はどれも粘り強くもぎ取った。DFと絡みながらシュートに持ち込んで、南野が先制点。伊東は1度仕留め損ねたシュートの跳ね返りに、もう一度チャレンジしてねじ込んだ。

「ミスしたら、取り返すためにアクションする。周囲もそれにリアクション(呼応)する。そう戦えたことをポジティブにとらえている」。ミスをミスで終わらせない姿勢が、奪ったゴール数よりも監督を満足させたのだろう。

これが新チームの2戦目。息が合わないのは当然で、それでも各人が時に折り合い、時にすれ違いながら連勝という結果を手に入れた。「現時点でのベストと、これから良くなっていく可能性を示してくれた」。熱く、心優しい監督はチームに合格点を与えている。

(岸名章友)

保存
共有
印刷
その他

サッカーコラム

関連キーワード

電子版トップスポーツトップ

サッカー 一覧

 サッカー元日本代表で、ワールドカップ(W杯)南アフリカ大会代表にも選ばれたDF岩政大樹(36)が22日、自身のブログで現役引退を発表した。2017年に関東1部リーグ、東京ユナイテッドに移った後は解説 …続き (17:41)

バリャドリード戦でシュートを放つベティスの乾(21日、セビリア)=共同

 【セビリア(スペイン)=共同】サッカーの海外各リーグは21日、各地で行われ、スペイン1部でベティスの乾貴士はバリャドリード戦に先発し、後半15分までプレーした。チームは0―1で敗れた。
 フランス1部 …続き (12:20)

 明治安田J2第38節最終日(21日・サンプロアルウィンほか=9試合)首位松本は岐阜と0―0で引き分けた。勝ち点は70。2位大分は千葉に4―2で勝ち、松本に勝ち点1差と迫った。東京Vは徳島を2―1で下 …続き (21日 23:38)

ハイライト・スポーツ

[PR]