2018年12月19日(水)

太陽光発電、普及への壁浮き彫り 体制見直し急務

経済
2018/10/13 1:13
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

再生可能エネルギーの普及に向けた課題が相次いで浮上してきた。政府は固定価格買い取り制度(FIT)の見直しを進め、九州電力は今週末に太陽光発電事業者などに稼働停止を求める。政府は再生エネを将来、国内の「主力電源」とすることを目標に掲げたが、対処すべき課題はあまりに多い。

FITは2012年の導入当初、太陽光発電を普及させることを優先し、大手電力が発電事業者から買い取る価格を割高に設定した。この結果…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報