介護人材、外国人が担う 各地で技能実習生ら受け入れ

2018/10/15 0:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

農業や建設、製造などが対象の外国人技能実習制度に2017年11月から介護職が加わり、今夏にインドネシアなどの実習生が来日し始めた。日本で介護を学び、資格を得て就労を目指す留学生も急増している。人手不足に悩む介護事業者も外国人の獲得を積極化しており、自治体も支援に乗り出した。一方で受け入れ体制や日本語の習熟度などに懸念もある。

「何でもやってしまう介護職員はどうですか?」。日本人講師の問いに「入所…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]