/

この記事は会員限定です

新潟県、日本酒の韓国輸出を支援 県内酒造向け

[有料会員限定]

新潟県が県内の酒造会社の韓国進出を支援している。ソウル事務所を通じ、現地の日本酒バイヤーを発掘。このほど5社の酒造会社が具体的な商談を始めた。韓国では日本食レストランや居酒屋が増えており、日本酒も人気を集めている。2019年2~3月の新潟―ソウル(仁川)便の増便を控え、県産日本酒の知名度向上にもつなげる。

県知事政策局の国際課やソウル事務所などが中心となり、韓国での日本酒の販路拡大を強化する。現在...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り312文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン