2018年10月23日(火)

AI使った生産性向上サービス オムロンが提供

エレクトロニクス
関西
2018/10/12 20:14
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

オムロンは人工知能(AI)を使って工場の生産性を高めるデータ活用事業を育成する。10月に設備の故障を予測するソフトの販売を開始。2019年ごろには不良品率の低下につながるサービスを提供する。同社は生産設備の制御機器やセンサーなどを主力としてきた。現在はほとんどないデータ活用事業の売上高を20年度に500億円とする。

同社の18年4~6月期の連結決算(米国会計基準)は、売上高が前年同期比3%増の2…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

関連キーワード

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報