/

王将フードの18年4~9月期、純利益49%増に上方修正 客数が増加

王将フードサービスは12日、2018年4~9月の連結純利益が前年同期比49%増の25億円になったようだと発表した。従来は5%増の17億円を見込んでいた。同業他社が相次いで値上げに踏み切るなかで価格を据え置いたことや、従業員教育を強化した効果で、客数が増加した。

既存店のリピート客が増え、売上高は408億円と6%増えた。人件費は増加したものの、各店舗が地道なコスト削減を進めて販管費の増加を小幅にとどめた。営業利益は49%増の37億円と、従来の予想を12億円上回った。

下半期も上半期同様の好調が続くとみているが、19年3月期通期の業績予想は修正しなかった。材料費の推移などを見極めたいとしている。

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連企業・業界

業界:

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン