2018年12月17日(月)

日本電産、VRで生産性高い工場を設計
支える外部人材 自動化を推進

エレクトロニクス
関西
2018/10/12 20:30
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

日本電産はVR(仮想現実)を使って生産性の高い工場を設計する。工場内でロボットやドローン(無人搬送機)を最大限活用できるようレイアウトを設計し、生産や物流を極力、自動化する。新工場の立ち上げ時や世界で運営する工場の増改築時に活用する。同様の設計手法は自動車メーカーなども一部実施しているが、全面的に採用するケースは珍しい。外部出身の人材が中心となり、新たな取り組みを支える。

■目標は「100%自動化

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

日本電産、台湾部品に48%出資[有料会員限定]

2018/10/2付

「永守流」 分権型シフト[有料会員限定]

2018/9/4付

日本電産、独5社買収[有料会員限定]

2018/9/3付

日本電産、3年で5000億円投資[有料会員限定]

2018/7/26付

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報