/

この記事は会員限定です

日本電産、VRで生産性高い工場を設計

支える外部人材 自動化を推進

[有料会員限定]

日本電産はVR(仮想現実)を使って生産性の高い工場を設計する。工場内でロボットやドローン(無人搬送機)を最大限活用できるようレイアウトを設計し、生産や物流を極力、自動化する。新工場の立ち上げ時や世界で運営する工場の増改築時に活用する。同様の設計手法は自動車メーカーなども一部実施しているが、全面的に採用するケースは珍しい。外部出身の人材が中心となり、新たな取り組みを支える。

目標は「100%自動化」

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1963文字

すべての記事が読み放題
有料会員が初回1カ月無料

関連トピック

トピックをフォローすると、新着情報のチェックやまとめ読みがしやすくなります。

セレクション

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

新着

注目

ビジネス

ライフスタイル

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
新規会員登録 (無料)ログイン
図表を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した図表はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン