新菱冷熱工業、インド同業を買収 20億円強

2018/10/12 19:30
保存
共有
印刷
その他

設備工事大手の新菱冷熱工業(東京・新宿)はインド同業のスビダエンジニアズインディアの全株式を取得した。買収額は20億円強。スビダ社はインド首都のニューデリーを始め、同国全土に9拠点を持つ。新菱冷熱は買収を機に、大きな建設需要が見込めるインド市場の開拓を進める。

スビダ社は1983年設立の印設備工事大手。特に製薬工場向けのクリーンルームなど、医薬品業界向けの工事に強い。18年3月期の売上高は23億8千万ルピー(約36億円)。

新菱冷熱は15年にインドに駐在員事務所を開設し、拡大が見込めるインドの建設市場への進出を模索してきた。スビダ社が現地で積み上げてきた実績やノウハウをテコに、市場の開拓に努める。

保存
共有
印刷
その他

関連企業・業界 日経会社情報DIGITAL

電子版トップ



[PR]