2018年12月14日(金)

石牟礼道子の遺志継ぐ新作能「沖宮」
天上の青と紅 際立つ志村ふくみの衣装

関西
九州・沖縄
2018/10/15 11:00
情報元
日本経済新聞 電子版
保存
共有
その他

2月に亡くなった作家、石牟礼道子原作の新作能「沖宮(おきのみや)」が熊本で初演された。染織家の人間国宝、志村ふくみの衣装、金剛龍謹(たつのり)のシテにより、石牟礼の遺志が死と再生の物語として結実した。

6日夕、初演の会場となった熊本市の水前寺成趣園能楽殿に約400人の観客が詰めかけた。台風25号の影響で屋外にある能舞台での開催は直前まで危ぶまれたが、開演の午後7時が近づくと雨風はやみ、雲の切れ間…

[有料会員限定] この記事は会員限定です。電子版に登録すると続きをお読みいただけます。

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報