/

伊方原発、住民ら即時抗告 運転可否巡る仮処分、大分

四国電力伊方原発3号機(愛媛県伊方町)の運転差し止めを巡る仮処分で、住民側は12日、申し立てを却下した大分地裁決定を不服として、福岡高裁に即時抗告した。

9月28日の地裁決定は、争点だった阿蘇山の噴火について「破局的噴火が差し迫っているとは言えず、社会通念上、無視できるリスクだ」と指摘。原発は安全性に欠けないと判断した。

住民側は記者会見で「原発の安全性判断の基準を社会通念に求めた地裁決定は、許されない」と批判した。

3号機は、昨年12月に広島高裁が噴火リスクを根拠に運転差し止めを命じたが、今年9月25日、高裁の別の裁判長が取り消した。四国電は今月27日の再稼働を予定している。〔共同〕

春割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

関連企業・業界

企業:

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
春割で申し込むログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
春割で申し込むログイン
Think! の投稿を読む
記事と併せて、エキスパート(専門家)のひとこと解説や分析を読むことができます。会員の方のみご利用になれます。
春割で申し込むログイン