2018年10月17日(水)

日中「自由貿易の維持で協力」企業家対話が閉幕

中国・台湾
2018/10/12 18:59
保存
共有
印刷
その他

【北京=高橋哲史】日本と中国の企業経営者や元政府高官らが意見を交わす「日中企業家・元政府高官対話」は12日、自由貿易の維持が「両国のみならず、アジアひいては世界経済の発展のために重要である」と訴える共同声明を発表して2日間の日程を終えた。

対話には経団連の中西宏明会長や福田康夫元首相ら約60人が参加。中国が掲げる巨大経済圏構想の「一帯一路」をめぐって「第三国市場開発のために、両国企業の強みを生かした緊密な協力関係を構築する」との認識で一致した。

日中の技術協力をめぐっては「日中両国が積極的にイノベーションを推進し、互いの知見を共有するとともに、それぞれの優位性を学び合い相互補完する」ことの重要性を確認した。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報