2018年10月19日(金)

韓国が観艦式で将軍旗 日本は抗議

政治
2018/10/12 20:46
保存
共有
印刷
その他

韓国海軍が11日に南部済州島で開いた国際観艦式の海上パレードで、艦船に自国と韓国の国旗だけを掲げるよう韓国側が参加国に要請したにもかかわらず、韓国海軍の艦船には豊臣秀吉の朝鮮侵略と戦った李舜臣(イ・スンシン)将軍を象徴する旗が掲揚されていたことが分かった。ほかの複数の国は軍艦旗を掲げていた。日本政府は開催国の韓国に12日付で外交ルートを通じて抗議した。

 国際観艦式で掲揚された李舜臣将軍を象徴する旗。手前は韓国の文在寅大統領=11日、済州島(聯合)=共同

李舜臣は文禄・慶長の役で日本水軍を破った将軍で、韓国では抗日の国民的英雄になっている。日本は国際観艦式に参加する予定だったが、韓国側が旭日旗の掲揚を拒んだため、自衛艦の派遣を見送った。

岩屋毅防衛相は12日の記者会見で「残念だが、それを乗り越えて韓国との防衛交流を進めていきたい」と述べた。

保存
共有
印刷
その他

電子版トップ



[PR]

日本経済新聞社の関連サイト

日経IDの関連サイト

日本経済新聞 関連情報