/

この記事は会員限定です

年内、強気派が優勢 日経平均の下値メドは2万2000円

[有料会員限定]

世界で株安が連鎖し、日経平均株価は2日に付けた27年ぶりの高値(2万4270円)から2万2600円台に押し戻された。株安は止まるのか。市場関係者8人に日経平均の年内の見通しを聞いたところ、6人が下限として2万2000円を挙げた。相場下落は一時的とみる強気派が優勢だが、上昇余地は意見が分かれる。中国経済の減速を警戒する声も強い。

世界市場は徐々に落ち着きを取り戻し、日本株の下げは限定的になるとの見方...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り1040文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン