/

この記事は会員限定です

科学技術立国、衰える基盤 伸び悩む資金・細る人材

気がつけば後進国(1)

[有料会員限定]
 資源に乏しく広大な国土もない日本は、他国にない高い競争力を持たないと立ちゆかない。科学技術はその代表だ。欧米先進国に追い付こうと戦後努力を重ね、平成が始まるころ、世界に冠たる技術大国にまで上りつめた。しかし栄華は長く続かない。イノベーションを追い求める世界の大競争の中で、じわじわと存在感が低下している。

「基礎研究を長期的展望で支援すべきだ」。2018年のノーベル生理学・医学賞が決まった本庶佑京...

この記事は会員限定です。登録すると続きをお読みいただけます。

残り3739文字

初割ですべての記事が読み放題
今なら2カ月無料!

セレクション

トレンドウオッチ

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

新着

ビジネス

暮らし

ゆとり

フォローする
有料会員の方のみご利用になれます。気になる連載・コラム・キーワードをフォローすると、「Myニュース」でまとめよみができます。
新規会員登録ログイン
記事を保存する
有料会員の方のみご利用になれます。保存した記事はスマホやタブレットでもご覧いただけます。
新規会員登録ログイン